歯のぐらつきは歯周病の恐れあり

歯周病を治療しよう

正しい歯磨きができていない

そもそも歯周病になってしまう原因は、毎日綺麗に歯を磨けていないことです。
綺麗に磨けていないと、プラークというバイ菌の集まりが溜まっていきます。
そして歯周病になると歯茎が赤く柔らかくなったり、出血したりしやすくなります。
それは、バイ菌の毒素によって歯茎が炎症を起こしていることが原因です。
さらに症状が悪化すると、歯が抜け落ちてしまうので注意してください。
少しでも歯茎に異変を感じたら、歯医者に行きましょう。
早く気づいて治療することで、歯を失わずに済みます。

歯周病を放置していると、他の病気を発症させたり悪化させたりする危険性があります。
ですから、早く治療しなければいけないと言われています。
特に糖尿病を発症している人は、健康な人よりも歯周病を発症しやすいことがわかっています。
また歯周病で炎症が起こり動脈硬化を発症させることもありますし、さらに歯周病菌が心臓に運ばれてしまい、細菌性心膜炎を引き起こす場合もあります。

治療が遅れると歯が抜け落ちますが、そのままにできません。
歯がない状態だとうまく食べものを噛めませんし、穴が開いているところからバイ菌が侵入してしまいます。
そこで、代わりの歯を埋め込む処置を行ってください。
費用を安く済ませたいなら、入れ歯を使うと良いでしょう。
高くても良いから丈夫で、お手入れしやすいものが良い人はインプラントを選択するのがおすすめです。
自分の希望に合わせて、選択しましょう。

TOPへ戻る