歯のぐらつきは歯周病の恐れあり

歯周病を治療しよう

>

歯医者に行って診断を受けよう

プラークが溜まっている

ほとんどの人は、毎日歯を磨いていると思います。
しかし作業が適当になると隅々まで磨けず、口内にプラークという歯垢が溜まります。
それがたくさん繁殖すると、歯周病になると覚えておきましょう。
歯茎が柔らかくなると、歯が動くようになります。
放置すると歯が抜け落ちるので、気づいた段階で歯医者に行って治療しましょう。

また歯周病になると、歯茎から血が出やすくなる特徴もあるので症状に早く気づいてください。
優しく歯を磨いているのにすぐ血が出る人は、おそらく歯周病を発症しています。
ストレス抱えていたり喫煙する習慣があったりする人、さらに糖尿病をなどの病気を患っている人は歯周病を発症しやすいので、特に丁寧に歯を磨かなければいけません。

歯の磨き方を勉強しよう

歯ブラシを縦に持つことで、一本ずつ歯を磨けます。
そうすると歯の裏側も磨けるので、プラークが溜まることを回避できます。
歯磨きをしている時は、その作業だけに集中してください。
しかし歯ブラシだけでは、全体の汚れを落とせないと言われています。
もっと汚れを完全に除去するために、糸ようじを使ってください。

歯ブラシを使って磨いた後に、糸ようじを使います。
糸ようじがあれば、歯と歯の隙間に溜まったプラークを落とせます。
最後は仕上げに、マウスウォッシュを使いましょう。
フッ素が含まれているマウスウォッシュだと、汚れが歯に付くことを防止できます。
特に就寝中はバイ菌が繁殖しやすいので、朝や昼の歯磨きよりも丁寧に行ってください。


TOPへ戻る