歯のぐらつきは歯周病の恐れあり

歯周病を治療しよう

>

なぜ放置してはいけないのか

医師に詳しく診てもらう

歯周病になって歯茎が炎症すると、インスリンの機能を低下させる物質が生まれます。
糖尿病が悪化しやすくなるので、歯周病にならないように気を付けてください。
さらに動脈硬化を悪化させる可能性があることも、研究の結果からわかっています。
こちらは命に関わる重大な病気なので、普段から丁寧に歯を磨いてください。
さらにバイ菌が心臓に到達すると、細菌性心内膜炎という病気を発症します。

自分では、歯周病になっているか判断できない人もいます。
そのような時はまだ良いと思わず、歯医者に行きましょう。
詳しい知識を持っている医師に口内を見せると、歯周病になっていた場合はすぐ治療を開始できますし、なっていない場合でも正しい歯磨きの仕方を教えてくれるので予防に繋がります。

赤ちゃんに与えるリスク

肺炎を引き起こすこともあるので、注意してください。
具体的に説明すると、食べものを飲み込む時に、間違って気管に入ることがあります。
その時に食べものだけでなく、歯周病菌まで一緒に肺に入り込むと誤嚥性肺炎という病気に繋がります。

また妊娠している女性が歯周病になることで、赤ちゃんが低体重で生まれてくるリスクがあると忘れないでください。
これは母親の血液中に歯周病菌が侵入し、胎盤を刺激して胎児の成長に影響を与えることが原因だと考えられています。
妊娠している時でも、普段通りに歯磨きを行ってください。
お腹が大きいと通院が大変だと思いますが、近くの行きやすい歯医者を見つけて、定期的に歯科検診に行くことを欠かさないでください。


TOPへ戻る