歯のぐらつきは歯周病の恐れあり

歯周病を治療しよう

>

失ったままにできない

あまり予算がない人

歯を治療するにも、費用が必要です。
予算を多く用意できない人は、入れ歯を選択しましょう。
入れ歯は他の方法に比べて、最も安く済むと言われています。
ただ、管理が大変だと理解してください。
毎日外して、消毒しなければいけません。
消毒を怠るとバイ菌が繁殖して、口内が病気になります。

消毒するための薬品は近所のスーパーやドラッグストアで販売されているので、なくなったら買いましょう。
差し歯も安く済むのでおすすめですが、人工的に作った歯だとわかりやすいです。
口を開いた時に、周囲に歯を治療したとすぐ気づかれるでしょう。
そのため見た目を気にするには、差し歯はおすすめできません。
そのような人は、別の方法を選択しましょう。

インプラントという方法

最近注目されているのが、インプラントです。
これは本物そっくりの歯を作って埋め込むので、口を開いても周囲に治療後だと思われません。
さらにインプラントで埋め込む人工の歯は、非常に丈夫です。
固いものを食べても、壊れたり外れたりすることはありません。
入れ歯のように毎回取り出してお手入れをする必要もなく、普段通りの歯磨きだけで済みます。

このようにメリットが多いインプラントですが、最大のデメリットは料金がかなり高額だという部分です。
保険を適応できないので、全額が自費になります。
すると歯を1本治療した時に、10万円近い金額になるケースが多いと覚えておきましょう。
費用があるのか確認してから、インプラントを依頼してください。


TOPへ戻る